2007年03月22日

ビスタ

電車内で雑誌を読みふけ、気がついたら目的地である新橋に到着していたので、出発直前かけこみ降車。ホームに降り立ち、出口へ向かって歩き始めると、足を滑らせる。足元にゲロ。サラリーマンの街、新橋おそるべし状態だったが、今日はツイてると思った。

新橋で降りたのは、ちょうど時間が空いていたので、VISTAに関するセミナーが無料で開催されているということで聞きにいった。VISTAはベトナム、インドネシア、南アフリカ、トルコ、アルゼンチン。ポストBRICsとしてあらたにVISTAというわけだ。もともとセミナー自体、VISTAに投資するファンド、投信に関する説明といこともあり、購入を検討するであろう年配の方々が多くいらっしゃる。こういうセミナーはお初だったが、ずいぶんと派手にやるもんだなという印象。富裕層相手にの商売はこういうもんなのか。
【関連する記事】
posted by tmt at 23:54| 長野 ☁| Comment(21) | TrackBack(7) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月21日

再会

週末、風邪をこじらせてねこんでいました。
日曜深夜のアルバイトを控え、休むわけにはいかないと思い、ひたすら寝る。まくらもとにはポカリを置いて。
おかげで週明けからは、再び就活を再開するにいたったが、昨日参加した会社説明会では、寮時代の友人とばったり再会する。最初、会場へ向かうエレベーターの中で発見したんだが、沈黙の狭い空間で声をかける勇気もなかったので、ひたすら彼がこっちへ顔向けてくれるのをじっと待つ。あいつだと確信できるまでじっと待つ。その彼がこっちを向き、お互いにあいつだと確信する。だけど空気を読んでか、お互いそこは声に出さず顔の動きだけでやりとりしたのが、今考えると滑稽だった。寮では同じブロックだったが、退寮して以来、一度も顔合わせたことがなく、実は4年ぶりの再会で、説明会終了後、ドトールで互いの就活をたたえあった。
posted by tmt at 15:44| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月15日

再開

再開します。
どうぞよろしくおねがいします。

近頃は就職活動を精力的に行っているわけですが、
グループ面接やディスカッション初対面の方とお茶などをする機会が増えています。わりと閉鎖的なキャンパスライフを送ってきたので、なかなか刺激的です。閉鎖的とは言うものの同世代の方々の考え方には興味大でした。またそういった場では、就職や将来に関する不安をおのおの表面的な話を通じて、一時的に和らげる効果があるようです。

さて、ちょうど一年前はタイへ卒業旅行に行っていたことを思いだし、そのときのメモ帳を開いてみると、衝撃のメモが残っていました。

「ナーラック」→「美しい」
「コォー・チューブ・ノォイ・ダイマイ」→「キスしていい?」
「ディー・マイ」→「いいかい?」
「ケン」→「上手」

頭ん中こんなことでいっぱいだったのでしょうか。

そん中で最近読んだ



旅のメモ(長編)
posted by tmt at 07:57| 長野 ☀| Comment(20) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月28日

メモ

「アイデアの作り方」とかいう本の中で、アイデアは既存の要素の新しい組み合わせだと書かれていて、学科長が講義で話していた考え方は記憶+組み合わせだと話していたことを思い出し、再び「なるほど」と感じる。組み合わせを導く力は事物の関連を見つけ出す能力に依存するという。新しいアイデアは専門的知識と一般的知識の組み合わせで、他人が気がつかなかった組み合わせを見つけることということだ。そこでキーとなるが、一般的知識、自分とは関係のない(ように思われる)知識である。だからいろんなものを吸収せよとも言われる。それに何かを知るというのは楽しい作業であるし、さらに他との関係性が見つけ出せたらもっと楽しいんだろう。
楽しまなくては。
posted by tmt at 01:36| 長野 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月10日

無題

後期がはじまって学校へよく顔を出すようになったので、RSSリーダーを今日から使い始めた。便利ですね。学校と家の2台のパソコンで更新をチェックする煩わしさがなくなった。ただ、自分がチェックするすべてのサイトをRSSリーダーで更新をチェックできるわけではないから不満はあるが、便利であることにはちがいない。
Googleがyou tubeを買収しましたね。Googleには目がはなせないし、VCはにんまりですね。
posted by tmt at 21:39| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月13日

リーガ06/07開幕

wowowが放映権を得て、今シーズンもスペインリーグが見られるようになったわけで、3月にもう1年契約を延長したのも吉と出た!!今年もナイスなプレイヤー達がリーガにやってきて、盛り上がるに決まっている。第2節を見る限り、バルサは変わらず素晴らしいサッカーを見せていたし、テュラムの加入はでかい。レアルはファン・ニステル〜から多くの得点が期待できそうだし、ベッカムとのホットラインは強烈だ。
2強以外ではやっぱりバレンシアに注目している。アイマールは出て行ったけどモリエンテス、ホアキン、デルオルノ、シルバといったスペイン人の加入はかなり大きい。今季はCLにも出るが戦力は整っている。
注目の選手はアトレティコに入った、アルゼンチンの若手アグエロ。バレンシア戦でさっそくその才能の片鱗を見せてくれた。今後のトーレスとのコンビは楽しみである。
posted by tmt at 23:50| 長野 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | football | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月12日

そんな季節

こんにちは。今日、知人のお店で将棋柄の浴衣買いました。人生での王手とはどんな時なんでしょうか?
昼過ぎ、長野にある信大経営大学院の「ファイナンス研究会」の講座を聞きに行ってきた。かれこれ今日で3回目であるが金融機関で働いてらっしゃる方のお話であるので、リアルな興味深いエピソードが聞けて面白い。やる気にさせられる。また、話す人よって経済情勢などの予測、解釈が異なっている点も面白い。
長野駅にはおお荷物を抱えた大人子供がおおくて、「そっかお盆か」って思った。
夏休みに入るとすぐに、フジロックへ行く。
バージンだったから、行ってみなわからんという状態であったが、オートキャンプ場が当たったおかげでスムーズに事が進んだ。前夜祭も含め、4日間連チャンで祭りなんだから奮えるほど楽しい。「いや〜よかった。」と寝る前みな言っていた。聴いた音楽はどれもよかったが、特に印象に残っているのは、OOIOO、クーラシェイカー、RYUKYUDISCO、SoulWAX、FISHMANS、ゆらゆら帝国、ストロークス。
メシもいい。チーズ入りウインナーと牛すじ丼がとてもウマい。会場がとにかくひろーくて、よるの演出も色気がでていた。さすがは日本最大のフェス。
帰ってきてしばらくして仙台へ行く。松島に山寺、中尊寺といったお寺をまわり、歴史に浸る。とにかく浸った。松島は遊覧船でまわるのも悪くないが、少し上に上って眺めたほうがより美しい景観を拝めることができる。さすがは日本三景。
posted by tmt at 20:48| 長野 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月22日

モンモンとした日常

言いたいことはいっぱいあります。書きたいことは意外とあります。
けど結局うまく表現することは難しいですね。
だからなかなか更新できません。
それは勝手にうまく表現したいと思うからそうなのかもしれませんね。
具象から抽象、抽象から具象と僕らの大学(学科)では教えられましたが、やっぱり具象化、つまり具体例を挙げて説明することは難しく、それができたらそいつは「テクニシャン」て呼んでいいわけです。

最終的に何が言いたいのかはよくわからないと思いますが、ウンコがでたらハッピーですね。

昨日、@@君にちょうだいと言われたY.M.O.のperspectiveという曲、改めて聴いていい曲ですね。
posted by tmt at 01:03| 長野 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月15日

朝の光

久しぶりですね。しばらく休止させてもらってました。
これから徐々に復活させていければと思います。

最近、バイトを終える時間になるとモヤっと空が明るくなるようになってきて、バイト先から家までのわずかな距離の道がとても明るいわけです。
そんな日は少しより道して朝日を拝みに行ってみました。
水の流れる音と鳥のハッピー、ハッピーという鳴き声しか聞こえません。
今ならどんな事でもオッケーと言えるくらい、えらくイイ気分にさせてもらいました。たまに思う、上田も悪くないなあっていう朝。

060509_0426001.jpg
posted by tmt at 05:19| 長野 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月25日

UEFA CL First knockoutround 1st leg

クラブと選手とそしてサポーターの誇りをかけた戦いが再開した。
聞こえてくる歓声は唸るような地響きがして、日本のそれとはまた異質なものだった。

チャンピオンズリーグがっつりと視聴してきました。

(バイエルン−ミラン)
バラック弾は鮮やかだった。ミランにとってはあのときプレッシャーが甘くなったのは痛かった。ジーダはきっと怒ったに違いない。同点になってからバイエルンはより攻め立てたが、いかんせんサニョルとラーンの両サイドからのクロスの質が悪かったね。ゴールは遠かった。ダイスラー見たかったなあ。

(PSV−リヨン)
今回見た試合の中では、チェルシーバルサ戦の次に面白かったかも。コクーがよかった。コクーが。
軍人のような面構えで、中盤に君臨していた。

(レアル−アーセナル)
戦前の打ち合い予想とは異なり、アーセナルは守備した。攻撃はアンリ、レジェス、そこに顔出してくるリュングベリでまわす。アンリの個人技でゴールした。2シーズン前と比べると、ずいぶん寂しいアーセナル。ピレスが出てればまたちがったのかも。レアルはグラベセンよかパブロガルシアのほうがおれはいいと思うのだが、インドさん、その辺どうでしょうか??

(ベンフィカ−リバプール)
リバプールは昨シーズンビッグイヤーを手にしたけど、あれだけのコマが揃っておきながら出来にむらがあるイメージ。何かぱっとしない。リーグ戦で優勝から遠ざかってるしね。今回のリバプールも何かぱっとしなかった。最後くらうち君が出てれば、ちょっとは面白かったかも。

(チェルシー−バルセロナ)
中盤の激・激しい競り合いに興奮した。特にバルサの選手は闘志ムキ出し、気合が漲っていた。昨シーズンの復讐を誓っていた。この日のバルサの選手たちはみんなプジョルのようだった。両チームとも個人技に秀でた選手が多く、1対1の局面での戦いを大いに楽しませてもらった。幾度となくチャンスを作ったバルサとチェルシーの体を張りまくったディフェンスに一喜一憂した。大変エキサイティングなゲームだった。マン・オブ・ザ・マッチをあげるとすれば、細かく速いドリブルで切り裂いたメッシと言いたいところだが、決勝点を完璧なクロスでアシストしたマルケスを俺は褒めちぎりたい。
posted by tmt at 05:02| 長野 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | football | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。